あなたの食べているカロリー、どのくらいかご存知ですか?

あなたの食べているカロリー、どのくらいかご存知ですか?

食べることが大好きなあなた、好きなものを好きなだけ食べられたらどれだけ幸せなことかと考えたことがあると思います。

 

 

ネックなことは体重です。体重を増やすことは容易でも、減らすことには少なからず苦痛がともないます。それは、我慢することへのストレスや、体重計を見ることへのストレス、運動することへのストレスなどがあると思います。そんなあなたに、この記事ではカロリーをコントロールするダイエット法をご紹介いたします。

 

 

人間が一日に必要なカロリー数は人によって異なります。性別、年齢、運動頻度、運動時間、身長など多くの要因によって変わりますが、おおよそ男性20~30代であれば2000Kcal程度、女性20~30代であれば1800Kcal程度です(およそ、ですので変動があります)。このカロリーは一日の中で自然に使われるカロリーとされています。太る根本としては、摂取カロリーが消費カロリーを上回ることにあります。そのため、消費カロリーを把握し、摂取カロリーをコントロールすることが大切です。

 

 

 

その方法としては、一日の食事内容を飲み物を含めて、メモすることが大切です。食べたものをメモするだけではなく、商品にはカロリー数が書いてあるものが多くありますので、そこまでチェックし記載しましょう。そして、毎食ごとにカロリーを計算し、目標カロリーをすぎないようにお食事を摂ってください。例えば、カレーは一食で1000Kcalを越すものがあります。

 

その場合、残りは1000Kcal程度ですから、他の二食のカロリーを落とす、という計算が必要です。カロリーを多く含む食品として、お米があげられます。白米を減らすコツはお替りをしない…ではなく、子どもようのお茶碗を使うことです。サイズが小さいため、そんなにたくさん入りません。

 

 

そして、お替りをしないことです。炭水化物には多くのカロリーが含まれています。女性用のお茶碗一杯で150Kcal近くあるのです。そのため、白米を抜くことにより、多くのカロリーを抑えることが可能です。また、注意することはまだあります。それは、口にする飲み物です。実は、飲み物にも多くのカロリーが含まれています。

 

 

100mlにてカロリーが50Kcalであれば、一リットルで500Kcalとっていることになるのです。これではいくら食事の制限をしても水分からカロリーを摂る結果になっています。清涼飲料水やレモンティーなども含め、買うときは必ずカロリーをチェックし、飲むときはメモに必ず含めるようにしましょう。メインで飲むものはカロリーがほとんどないお茶や水をおすすめします。

 

 

一日のカロリーをまず知り、落とせるカロリーがないか、検討してみてください。意外なところで何か口にしていることが多いです。そして、無理なくダイエットに励んでくださいね。